home plan kiyotake

福岡で注文住宅をつくるなら
一級建築士事務所清武建設

お電話でのお問い合わせは0120-01-5040

家づくりのQ&A

お問い合わせいただいたお客様からの素朴な疑問から、実際に清武建設で注文住宅をオーダーされたお客様から頂いた質問やご要望とその提案・解決策など注文住宅に関する質問をご紹介いたします。新築をご検討されているお客様の参考になれば幸いです。

那珂川町I様

Q.生活で使用する水は何を使えばいいのでしょうか?

A.井戸水と水道水を比較。井戸掘削を実施しました

井戸工事

那珂川町は井戸水を使用されている家庭が多く、水量を確保できると判断し、井戸を掘ることにしました。
那珂川町の場合、宅内敷地に水道管が引き込まれていない場合は、 水道管を宅内に引き込む費用 + 水道加盟金(行政へ支払い)の合計費用と、 井戸掘削費 + ポンプ設置費用の合計の、初期投資費用に差がありません。

将来のランニングコストを比較すると、断然、井戸の方がお安いと思います。

ただし、井戸ポンプが10年程でメンテナンスが必要になり、マンションの営繕積み立て金のように準備しなければなりません。また定期的な水質検査も必要になります。
井戸水は、塩素消毒された水道水に比べて、おいしい事は間違いありません。
地域によって、十分な地下水量を確保でき、井戸水をお考えの方は、ご相談ください。
井戸掘削を行ったI様邸建築の様子をブログにて紹介しています。

那珂川町I様邸施工ブログ

家づくりの質問

Q.断熱材は何が一番いいの?

A.費用対効果の都合上、どれが一番かは断言できません

ウレタン断熱材

写真の発泡ウレタン断熱材は、しっかりと充填されています。 現場で吹き付ける断熱材の為、しっかりと柱に密着し隙間が空くことはありません。 高気密になると、空気の入り口と出口が明確になり乱気流が発生せず、 計画的な機械による換気が可能になります。 昔の隙間が多い住宅よりも、むしろ換気が効率的になります。 冷蔵庫に入っている断熱材は厚さ2cm程度ですが、こちらは厚さ8cm程度あります。 家全体が、厚い断熱材ですっぽりと覆われており、一階は、エアコン一台でも暑さ・寒さをしのげます。 外断熱、羊毛断熱、新聞紙の断熱、銀色のシートでの遮熱、etc断熱材はいろいろな種類があります。 もちろん弊社でもすべての取り扱いが出来ます。 光熱費も考えた場合、費用対効果の高い断熱材の一つは写真の発泡ウレタン断熱です。しかし断熱材にはそれぞれメリット・デメリットがあるため、費用対効果を考えれば、どの断熱材が一番良いとは断言できません。
「標準仕様でこの断熱材のみの工事になり、この断熱材が一番いいからオススメします」という営業トークはありえないお話なのです。
それぞれメリット・デメリットを弊社にてお話させていただき、お客様に合った断熱材を使用しています。(※写真は、見学のお客様の為に断熱材の素材を露出させています。)

家づくりのプロを紹介

清武修一

スタッフ全員が一級・二級の資格を持つ建築士です。

詳しくはこちら

清武建設の新築事例

リビング

手がけた家は、磨き抜かれたわざと情熱の結晶です。

詳しくはこちら

営業マンはいません

kiyotakeビル

営業マンがいないからこそできる清武建設の強み。

詳しくはこちら

お客様の声

お客様の声

宗像市Y様

福岡県宗像市 Y様より

無垢の素材を使用してなるべくローコストで建てたいという我がままなお願いを聞いてくださり…

詳しくはこちら

東区美和台Y様

福岡市東区美和台 Y様

社長自ら設計し、建築主の視点でみて、私達の細かい要望にも丁寧に対応してくださいました…

詳しくはこちら

施工エリア地図
  • 注文住宅・新築住宅施工エリア
福岡市
中央区博多区東区西区南区早良区城南区
糟屋郡
新宮町久山町粕屋町篠栗町須恵町宇美町
その他福岡県
朝倉市うきは市大野城市小郡市春日市久留米市桂川町古賀市田川市太宰府市大刀洗町筑紫野市筑前町那珂川町直方市福津市糸島市宮若市宗像市飯塚市
佐賀県
基山町鳥栖市